読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TeX Alchemist Online

TeX を使って化学のお仕事をしています。

TeXで一文字ベンゼン記号⌬を出力

TeX フォント 化学 絵文字

出力イメージ

f:id:doraTeX:20140201115241p:plain

原理

先日の記事 TeXで絵文字を入出力する (1) 〜 白黒絵文字篇 で定義した,和田研細丸ゴシックによる白黒絵文字出力コマンド \textemoji の副産物として,一文字ベンゼン記号⌬を出力することができます。

これは,Unicodeに定義された U+232C (BENZENE RING) および U+23E3 (BENZENE RING WITH CIRCLE) を呼び出しています。
これらの文字は,対応するAdobe-JapanのCIDがありません。ですから,dvipdfmxのmapの設定を,cmap経由ではなくunicodeによる直接呼び出しにすることにより,和田研細丸ゴシックに収録されたこれらのグリフを呼び出しています。

サンプルコード

TeXで絵文字を入出力する (1) 〜 白黒絵文字篇 の記事に従って準備が必要。

\documentclass[uplatex]{jsarticle}
\usepackage{otf}

\DeclareKanjiFamily{JY2}{emoji}{}
\DeclareKanjiFamily{JT2}{emoji}{}
\DeclareFontShape{JY2}{emoji}{m}{n}{<->s*[0.924690]emoji-h}{}
\DeclareFontShape{JT2}{emoji}{m}{n}{<->s*[0.924690]emoji-v}{}

\DeclareRobustCommand*{\emojifamily}{\usekanji{JY2}{emoji}{m}{n}}
\DeclareTextFontCommand{\textemoji}{\emojifamily}

\AtBeginDvi{\special{pdf:mapline emoji-h unicode wlmaru2004emojip.ttf}}
\AtBeginDvi{\special{pdf:mapline emoji-v unicode wlmaru2004emojip.ttf -w 1}}

\def\minibenzene{\textemoji{\char"232C\relax}}
\def\minibenzenecirc{\textemoji{\char"23E3\relax}}

\begin{document}

\textgt{ベンゼンどうぞー( ・∀・)\inhibitglue}\minibenzene\minibenzenecirc\minibenzene\minibenzenecirc

\end{document}

コンパイル

上記サンプルを benzene.tex という名前で保存したとすると,次のようにupLaTeXでコンパイルします。

$ ptex2pdf -u -l benzene

すると,冒頭に掲げた出力PDFが得られます。