読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TeX Alchemist Online

TeX を使って化学のお仕事をしています。

東大化学設問数のTikZによるグラフ化

今年も国公立大学の前期日程の入試が終わりました。受験生の皆様,本当にお疲れ様でした。(後期日程などの入試が残っている受験生の方々は,引き続き頑張ってください。)

さて,今年の東大入試を見て,さっそく

の来年度版に向けての執筆を始めました。

この本の「資料篇」に掲載している「東大化学の設問数推移」のグラフは,最新年度入試のデータを反映させて更新しました。昨年はExcelを使って描画していたグラフを,今回はTikZを使って描き直しました。
TikZはグラフィカルな図が簡単に描けて本当に便利です。

最新年度入試を反映したグラフ

近年,設問数の顕著な増加が目立ちます。昨年度,過去最高記録を大幅更新しましたが,今年度はその記録をさらに大幅更新し,とうとう40問の大台に乗りました。最少のとき(1993年)と比べると,約3倍もの分量となっています。

f:id:doraTeX:20140301010713p:plain

f:id:doraTeX:20140301010715p:plain

TikZのソース

以前,結城浩(id:hyuki)さんが

とおっしゃっていましたので,グラフを描く簡単なサンプルではありますが,ソースを示しておく価値はあるかもしれないと思い,以下に上記グラフ描画コードを公開しておきます。何かの参考になれば幸いです。