TeX Alchemist Online

TeX を使って化学のお仕事をしています。

Overleaf v2 で日本語を使用する方法

この記事は,過去の記事「Overleaf で日本語を使用する方法」を,新サービス Overleaf v2 仕様にアップデートしたものです。

Overleaf(旧writeLaTeX) は,オンラインで使える LaTeX 原稿執筆環境として非常に便利です。自分のマシン内に TeX 環境を構築するのは一手間二手間かかりますし,インストールする権限がない場合や,出先の端末を使う場合などにも,環境整備の必要なくブラウザのみですぐに LaTeX 原稿を執筆できるのは好都合でしょう。

また,Google Document のような複数人による共同編集機能もあります。複数人で環境を揃えて同時共同執筆を行うことができるのは,クラウドならではのメリットでしょう。

2017年,Overleaf と同様のオンラインLaTeXエディタである ShareLaTeX というサービスが,Overleaf に買収されることが発表されました。そして,それを受けて,昨日,両者の長所を“いいとこ取り”した新サービス Overleaf v2 が公開されました。現時点ではベータ版サービスとなっていますが,旧バージョンと比べて動作も快適,見た目も綺麗になっており,SyncTeX にも対応しているなど,とてもいい感じになっていますので,早速 v2 に移行してしまってもよさそうです。

Overleaf の用途

Overleaf は,

  1. 自分の LaTeX 原稿を,自分で環境を構築することなくオンラインで作成する。
  2. 複数の著者で原稿を共同編集する。
  3. ソースとコンパイル結果のセットを閲覧専用で展示する。

といった使い方ができます。自分が愛用しているのは3番の機能(link sharing と呼ばれています)です。「このソースをコンパイルするとこんな結果になりますよ」というのを見やすく示すことができます。

Overleaf v2 による TikZ 図版の展示例

自分はこの機能を,TikZ 図版のソース例を示すのによく用いています。

Overleaf v2 で日本語を使用する

Overleaf v2 は,現時点ではバックグラウンドで TeX Live 2017 が動いています*1。ということは,(u)pLaTeX や dvipdfmx も入っているわけで,日本語を用いた和文文書も作れるはずです。 ただし,Overleaf は,v2 になっても依然としてデフォルトでは (u)pLaTeX エンジンを使う設定が用意されておりませんので,和文文書を作成するには多少設定が必要です。

公式のヘルプに Overleaf で pTeX を使う方法 の簡単な解説があります。ここではより詳細な手順を解説いたします。

*1:旧Overleafから移行したプロジェクトは TeX Live 2016 でコンパイルされ,新規作成したプロジェクトは TeX Live 2017 でコンパイルされるようです。

続きを読む

ゴシックのローマ数字にヒゲを付ける

f:id:doraTeX:20161206113714p:plain

この記事は TeX & LaTeX Advent Calendar 2016 の8日目の記事です。 2日目6日目に続く今年3回目のエントリーとなります(スミマセン)。 7日目はaminophenさんでした。 9日目はyuracoさんです。

ローマ数字 Ⅲ はアイアイアイか組文字か

昨年の TeX & LaTeX Advent Calendar 2015 の3日目の記事「今さら人に聞けないローマ数字とその組み方」や『LaTeX2e 美文書作成入門』などで繰り返し言及されているように,LaTeX でローマ数字を組む場合,半角アルファベットを単に並べて,I(アイ),II(アイアイ),III(アイアイアイ),IV(アイブイ),…… のように書くのが正しい組み方です。「Ⅲ」のような全角(組文字)のローマ数字は用いるべきでないとされています。

しかし,本田さんが TeX Q&A 237649355 で述べておられるように,実際の現場では,「組文字のローマ数字(時計文字)でなければ受け入れてもらえない」場面が多々あります。(また,特に縦書きのときには,全角ローマ数字が馴染みます。)

新聞社におけるローマ数字の取り扱いについては,次の朝日新聞の記事が参考になります。

www.asahi.com

どうしても LaTeX で組文字ローマ数字を使いたいなら

従来の pLaTeX では,JIS X 0208 までしか扱えず,組文字ローマ字は「機種依存文字」(環境依存文字)という扱いでしたので,「組文字のローマ数字を出力する」というのは多少厄介な課題でした(otfパッケージを使えば可能)。

それに対し,今時の upLaTeX の場合,Unicode に含まれる Ⅲ (U+2162 ROMAN NUMERAL THREE) のような全角ローマ数字をソース中にそのまま入力すれば,普通に出力できます。ですから,「正しい組み方はどうであるか」という問題はさておき,もし「どうしても組文字のローマ数字を出力したい」というのであれば,それに技術的困難はなくなりました。

ゴシック体のローマ数字にヒゲは付くべきか?

続きを読む

鉄緑会 東大問題集シリーズ 最新刊発売!

先週,鉄緑会 東大問題集シリーズの最新刊が発売となりました。昨年は,11月にこのシリーズに新規科目として物理が加わりました。今年は,物理も含めて4科目が7月に一斉発売の運びとなりました。

2017年度用 鉄緑会東大数学問題集 資料・問題篇/解答篇 2007‐2016

2017年度用 鉄緑会東大数学問題集 資料・問題篇/解答篇 2007‐2016

2017年度用 鉄緑会東大古典問題集 資料・問題篇/解答篇 2007‐2016

2017年度用 鉄緑会東大古典問題集 資料・問題篇/解答篇 2007‐2016

2017年度用 鉄緑会東大化学問題集 資料・問題篇/解答篇 2007‐2016

2017年度用 鉄緑会東大化学問題集 資料・問題篇/解答篇 2007‐2016

2017年度用 鉄緑会東大物理問題集 資料・問題篇/解答篇 2007‐2016

2017年度用 鉄緑会東大物理問題集 資料・問題篇/解答篇 2007‐2016

さて,今年のTeX組版的な注目点としては,物理の章扉を TikZ で全面的に作り直した点が挙げられます。

ページサンプル

f:id:doraTeX:20160712120342p:plain

このページは,Illustrator などのグラフィックソフトは一切使わずに,LaTeX + TikZ のみで作成しています。

続きを読む

和文ゴーストとしての全角スペース

f:id:doraTeX:20160611003733p:plain

全角スペースは,プログラマやDTPerの間ではしばしば嫌われがちな存在です。TeX文書においても例外ではありません。TeXソース中に全角スペースが入り込んでいると思わぬ害をもたらすことが多く,基本的には避けた方がよい存在です。

ですが,TeXにおいて,珍しく全角スペースが大活躍する場面があります。それは(\kern-1zw と組み合わせることによる)和文ゴーストとしての用途です。例えば,ZRさんの BXglyphwiki パッケージ にその用例が見られます。

BXglyphwiki パッケージ を使うと,GlyphWiki に登録されているグリフの字形データをダウンロードして,その画像を1文字の和文文字であるかのように整形して出力してくれます。

このように,「和文1文字として使用するために画像や図形を出力したい」という状況においては,単に「ボックスの幅・高さ・ベースラインを他の和文文字と同じに揃えて出力する」というだけでは不十分です。なぜなら,TeXエンジンによって文字間に自動挿入されるべきグルーの問題があるからです。

(u)pTeX の場合,和文文字と和文文字が隣接した場合には \kanjiskip が,和文文字と欧文文字が隣接した場合には \xkanjiskip が自動挿入されます。しかし,自分で作成したボックスの場合,そのようなグルー挿入がなされないため,「和文1文字としての使用」という意図に反した組版結果が生まれてしまいます。

例えば, を四角で囲んだ ★⃞ という合成文字を作成し,これを和文1文字として出力したい状況を考えましょう。そのために,次のような命令 \squarestar を定義したとします。

【定義】

\def\squarestar{\begingroup
  \fboxsep=0pt
  \fboxrule=.5pt
  \framebox[1zw][c]{}%
  \endgroup}
続きを読む

TikZ の current page と jsclasses との相性問題

日本で主流であろう,(u)pLaTeX + jsclasses + dvipdfmx のワークフローにおいて,TikZ の remember picture を使う際に発生する相性問題について,一つの解決策の提案です。

remember picture を dvipdfmx で使うには

TikZ 標準の dvipdfmx ドライバファイルでは,remember picture を用いた図形間結合(inter-picture connections)など,TikZ の一部の機能が使用できません。 しかし,次の記事でZRさんが作成された pxpgfmarkパッケージ を使うと,dvipdfmx でも remember picture を使用することが可能になります。

d.hatena.ne.jp

current page によるページ上の絶対配置

TikZ で remember picture を使うと,current page というノードが使えるようになります。例えば,ページの中央は (current page.center) のようにして取得することができます。

current page は,通常 overlay オプションと一緒に用いられ,「ページの背景に何かを書き込む」という用途に使われます。(正しく座標を取得するために2回コンパイルが必要です。)

使用例1:ページ中央にウォーターマークを入れる

% pLaTeX + pxpgfmark.sty + dvipdfmx
\documentclass[dvipdfmx,papersize]{jsarticle}
\usepackage{tikz}
\usepackage{pxpgfmark}
\usepackage{lipsum}
\begin{document}
\begin{tikzpicture}[remember picture, overlay]
\node[color=red!30!white,draw,line width=10pt,
rectangle,font=\gtfamily,scale=10,rotate=30]
 at (current page.center) {部外秘};
\end{tikzpicture}
\lipsum
\end{document}

f:id:doraTeX:20160322111227p:plain

続きを読む