TeX Alchemist Online

TeX を使って化学のお仕事をしています。

Overleaf v2 で日本語を使用する方法

この記事は,過去の記事「Overleaf で日本語を使用する方法」を,新サービス Overleaf v2 仕様にアップデートしたものです。

Overleaf(旧writeLaTeX) は,オンラインで使える LaTeX 原稿執筆環境として非常に便利です。自分のマシン内に TeX 環境を構築するのは一手間二手間かかりますし,インストールする権限がない場合や,出先の端末を使う場合などにも,環境整備の必要なくブラウザのみですぐに LaTeX 原稿を執筆できるのは好都合でしょう。

また,Google Document のような複数人による共同編集機能もあります。複数人で環境を揃えて同時共同執筆を行うことができるのは,クラウドならではのメリットでしょう。

2017年,Overleaf と同様のオンラインLaTeXエディタである ShareLaTeX というサービスが,Overleaf に買収されることが発表されました。そして,それを受けて,昨日,両者の長所を“いいとこ取り”した新サービス Overleaf v2 が公開されました。現時点ではベータ版サービスとなっていますが,旧バージョンと比べて動作も快適,見た目も綺麗になっており,SyncTeX にも対応しているなど,とてもいい感じになっていますので,早速 v2 に移行してしまってもよさそうです。

Overleaf の用途

Overleaf は,

  1. 自分の LaTeX 原稿を,自分で環境を構築することなくオンラインで作成する。
  2. 複数の著者で原稿を共同編集する。
  3. ソースとコンパイル結果のセットを閲覧専用で展示する。

といった使い方ができます。自分が愛用しているのは3番の機能(link sharing と呼ばれています)です。「このソースをコンパイルするとこんな結果になりますよ」というのを見やすく示すことができます。

Overleaf v2 による TikZ 図版の展示例

自分はこの機能を,TikZ 図版のソース例を示すのによく用いています。

Overleaf v2 で日本語を使用する

Overleaf v2 は,現時点ではバックグラウンドで TeX Live 2017 が動いています*1。ということは,(u)pLaTeX や dvipdfmx も入っているわけで,日本語を用いた和文文書も作れるはずです。 ただし,Overleaf は,v2 になっても依然としてデフォルトでは (u)pLaTeX エンジンを使う設定が用意されておりませんので,和文文書を作成するには多少設定が必要です。

公式のヘルプに Overleaf で pTeX を使う方法 の解説があるのですが,この方法では pLaTeX + dvipdf (≒ dvips + gs)という変換経路になります。日本で現在主流であろう,(u)pLaTeX + dvipdfmx の経路で作成するには,次のように設定する必要があります。

*1:旧Overleafから移行したプロジェクトは TeX Live 2016 でコンパイルされ,新規作成したプロジェクトは TeX Live 2017 でコンパイルされるようです。

続きを読む

MacTeX 2018 のインストール&日本語環境構築法

f:id:doraTeX:20030806235338j:plain

(MacTeX 付属の mactex.jpg より)

数日前,とうとう TeX Live 2018 がリリースされました。TeX Live 2018 では,数々の新機能追加・仕様変更が行われています。詳細は次の2つの記事に網羅的にまとまっていますので,そちらをご参照ください。

acetaminophen.hatenablog.com

acetaminophen.hatenablog.com

特に macOS ユーザにとって大きな変更は,

macOS 標準添付のヒラギノフォントなど商用フォントに関する設定ファイル群が,TeX Live から TLContrib に移動になった

という点です。これにより,TeX Live / MacTeX を普通にインストールするだけでは,ヒラギノフォントが使える設定にもってゆくことができず,TLContrib を使う設定を各自が追加で行う必要が生じました。

【背景】

2017年の macOS 10.13 High Sierra のリリースにおいて,またも和文フォントの収録のされ方に変化が生じ,従来の cjk-gs-integrate や updmap では対応できなくなりました。変化の激しい macOS の和文フォントに対応するためには,もはや macOS のバージョンごとに場合分けしたフォント定義ファイルを持つしかないことになりました。しかし,フリーを重んじる TeX Live の配布物に商用OSの商用フォント用定義ファイルが含まれることは好ましくないため,これを機に,macOS やヒラギノに関連するファイルは,従来のものも含めて,TLContrib という別レポジトリに全て分離されました。

Mac 用の代表的な TeX Live ディストリビューションである MacTeX についても,新バージョン MacTeX 2018 がリリースされています。

個人的には MacTeX は使っていないのですが,日本にも MacTeX のユーザは多いようですので,MacTeX のインストール&日本語環境構築手順を解説しておきます。

最新の High Sierra を含む各OSに対応しています。初心者でも分かるよう,かなり丁寧に手順を解説しておきますね。

目次

続きを読む

…… ✂ キリトリセン ✂ …… をつくる

f:id:doraTeX:20171218210955p:plain

この記事は TeX & LaTeX Advent Calendar 201719日目の記事の第2弾です。第1弾はこちら。 18日目はmunepiさんでした。 20日目はdomperorさんです。

申込書などでよく見られる,点線のキリトリセンを作ってみましょう。例えば,こんな感じのやつです。

f:id:doraTeX:20171218192037p:plain

続きを読む

行分割可能な \fbox をつくる

この記事は TeX & LaTeX Advent Calendar 201719日目の記事の第1弾です。第2弾はこちら。 18日目はmunepiさんでした。 20日目はdomperorさんです。

TeX が苦手とする処理の一つとして,「行分割可能な下線」が挙げられます。そのため,行分割可能な下線が必要な場合は,何らかのパッケージを用いる必要があります。和文対応の下線パッケージは,TeX Wiki の記事にまとめられています

その中でも特に高機能でお勧めなのは,吉永徹美氏による uline-- パッケージです。下線だけでなく,上線・二重線や打消線,破線や波線も引くことができます。欧文と和文を両方含む場合への対応や和文の禁則処理もバッチリです。莫大な数の既存の有名コマンドへの対処があらかじめ設定されていますし,ユーザが自前で作成した独自マクロへの対応もカスタマイズにより可能となっています。ただし,その配布サイトは,残念ながら今年閉鎖されてしまいました。

続きを読む

“TeXでつくる”小ネタ集

この記事は TeX & LaTeX Advent Calendar 2017 の19日目の記事です。 18日目はmunepiさんでした。 20日目はdomperorさんです。

今年の TeX & LaTeX Advent Calendar の重点テーマは「TeXでつくるアレ」ということで,TeXで何かすごいものでも作ろうかと思ったのですが,面白い特大ネタが今ひとつ思いつきませんでした。そこで,小ネタを2つ提供して,「合わせ技一本」狙いでゆこうと思います。

f:id:doraTeX:20171219001952p:plain

ネタ第1弾:行分割可能な \fbox をつくる

doratex.hatenablog.jp

ネタ第2弾:…… ✂ キリトリセン ✂ …… をつくる

doratex.hatenablog.jp